トップ > 「お手ごろ価格だけど、本当に効果は同じ?」

「お手ごろ価格だけど、本当に効果は同じ?」

これ、気になると思うんですよね。

・・・ほら。
よく、「高いものほど良いもの」っていう風潮があるじゃないですか。

だからブランド物とかは高いほうが喜ばれるし、安いと逆に人気が出ないとか。
・・・ちょっとまた違う話かもしれないんですけどね。
まつげ美容液とはいえ、一応もともとは医薬品。
だからこそ、安いと安全性とか色々心配になる人もいると思います。

ただ、1ページ目でおハナシしたみたいに、
ジェネリック医薬品っていうのは、
ちゃんと規定があってそれに基づいて作られているものです。
(私は薬剤師さんとかじゃなくて、個人で好きで調べただけなので、
さらに詳しく規定や法律について知りたい方は、ご自身で調べてみてくださいませ)

念のため。
成分で見てみると、ルミガンもケアプロストも、
有効成分バイマトプロスト/ビマトプロスト(Bimatoprost)0.03%
ってかかれています。

まつげを伸ばす成分がこれ、らしいんですよね。
もともとこれは眼圧を下げる成分らしいので、
治療目的じゃない場合目に入るとあんまりよくないらしいです。
(まつげに塗る程度なら、それほど気にはしなくていいみたいなんですけどね)

ルミガンも、ラティッセも、ラティースも、もともとは成分は同じ。
ただまつげ専用美容液として売り出しているか、目薬として売っているか。
(アプリケーター有無の違いもありますけど)

それをジェネリックで出しているのがケアプロストっていうだけみたいです。
(ケアプロストもルミガンも売っているサイトをあっちこっち見て調べてみたのですが、
どこでも明確な違いは特に書いていませんでした。
・・・ジェネリックだし、普通の風邪薬とかでも違いって基本はないですもんね)

そんなわけで、副作用も同じ。
まれにドライアイや充血、かゆみがでたり、
色素沈着やそれがついたところから毛が生えてくるなどなど。
ちなみに、使用をやめると一ヶ月くらいで元に戻るって言うのも同じみたいですね。